60歳以上求人でオーバースペックの理由と対処

60歳以上求人でオーバースペックの理由と対処

60歳以上求人でオーバースペックの理由と対処

 

 今春から改正高年齢者雇用安定法の施行により、企業では60歳の定年退職者は希望により65歳まで働けるようになりました。そこで、年金支給までの5年間を定年後の再雇用で埋められるとし考えますが、実際には給与が激減するため厳しい状況の人も少なくないようです。

 

 60歳で仕事を退職して、外部で就職活動をする場合には、これまでのキャリアの整理をしてできることとできないことなどの自己分析をします。そして体力と相談しながら、ハローワークや自分のキャリアを活かせる求人を扱っている転職支援会社に登録してチャンスを探すと良いでしょう。そして書類作成や面接では、これまでの華々しいキャリアを自分しすぎることなく、またプライドを高くしすぎることもなく、謙虚に腰を低くして臨むことが必要になります。

 

不採用理由もさまざま

 不採用の場合の理由は、正当なものだけではなく企業内の既存社員との能力のかねあいもあります。優秀過ぎるとかスキルが高すぎるというような場合には、企業が求める人材ではないということです。企業のNG理由には、企業の採用コストよりも高い給料が必要そうな人材や、オーバースペックのためにすぐに仕事に飽きて別の仕事を探すのではないかという懸念点があります。また、面接者よりも上のスキルや経験であれば、将来的にライバルになる可能性もあります。

 

 一般的に、企業が面接者にNG理由を伝える場合には、できるだけ相手を傷つけないような言い回しを使います。そこで本当のNG理由見極められれば、次回の選考では、不採用から採用にすることができるでしょう。そのためには、自分のキャリアで企業が雇いたくなる理由を書き出していかに効果的に売り込めるかを考えてみるのもよいでしょう。

60歳以上求人でオーバースペックの理由と対処関連ページ

60歳からの再就職その現状とは
65歳定年制についての反応

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP