60歳からの再就職その現状とは

60歳からの再就職その現状とは

※コラム

 年金の支給も徐々に65歳以降からという流れになり、今後はますます60歳で定年を迎えたあとの働き方、というのが重要な社会になってきます。

 

 大手企業の場合であれば、一旦は退職という形をとり、その後は嘱託等といった形式で再度雇用される場合が多いでしょう。ただしその場合でも出勤日数が減ったり、収入の額は退職前と比べて大きく下がることはほぼ間違いありません。

 

 また、それまで働いていた企業とは別の職場を求めなければならない場合も、中小企業を中心にしてとても多いのです。

 

 この場合はこれまでの自分の経験や知識を生かして就職活動を行うか、それとも全く違う異業種へチャレンジするかを考えながら就職活動を開始することになります。

 

フルタイム、正社員での採用は難しい

 

 現実的に、60歳を越えてからの就職活動というのはかなり厳しい側面があります。

 

 若い人達と同じようなフルタイムでの求人情報というのはあまり期待できないでしょう。

 

 特殊な技術や経験がある場合は別ですが、多くの場合はパートタイムなどの非正規雇用が中心となります。

 

シニア人材派遣を利用するという手も

 

 職種的にはホワイトカラー的な物よりも、軽作業を中心とした職種が多くなります。例えば、施設警備員やマンション管理人、ビルメンテナンス員等です。

 

 もちろんそれまでのキャリアを生かして、保険代理店業等を始めるというケースもあります。また、最近増えているのがシニア人材派遣です。

 

 自分の希望通りの仕事が見つかるとは限りませんが、アドバイザーと相談しながら効率よく就職活動を進めることができるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP